熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−種類 >  熱帯魚の病気【水カビ病】


熱帯魚の病気【水カビ病】

熱帯魚の病気の中で水カビ病を紹介します。熱帯魚の表面に、網ずれやすり傷がある場合、その傷にサブロレグニアアクリアなど、線状のカビが寄生してしまう病気が水カビ病

罹患した熱帯魚の表面を見ると、患部が白い線で覆われたようになっていたり、熱帯魚が痒がって水槽内で、固い水草などに体をこすり付けている光景を眼にします。それで余計に身体に外傷を増やし病状を悪化させる事になります。その他に、エラに寄生されると、死亡する事も多々ある為、早く対処したほうが良い病気です。

水カビ病は、新しく水槽をセットした時に起こり易いといわれていますが、普通死肉に寄生するカビなんで、ろ過がしっかり効いている水槽ならば、そのままで消滅すると考えられています。

水カビ病に罹患した場合、一般的な治療法は、アマゾングリーン、メチレンブルーに代表される色素系殺菌剤に、粗塩を混ぜだ薬液に薬浴させる方法がベターです。軽症でしたら租塩だけでも効果的です。

水カビ病だけで発症したなら良いのですが、得てしてカラムナリス症エロモナス症と併せて病気が発症しますので、その場合治療が困難で使用する薬も違うものになります。病状や魚体を観察し、他の病気との合併症なのかどうか判断して、治療をしてあげて下さい。

熱帯魚ショップで、新しく熱帯魚をを飼った場合、水槽に入れるときは、まず熱帯魚をビニール袋に入れたまま、自分の水槽に20〜30分浮かべて、水温差を無くします。その後ビニール袋の水の1/3程度を捨てて水槽の水を足します。コレにより水質差に慣れさせます。その後ゆっくりと投入してあげてください。このようにしても、水槽に移してからしばらく経っても、泳がない魚体があれば、その飼育環境に問題があると言う事になります。

水温と水質のチェック、蛍光灯を一旦消してみる、粗塩を10Lに5g程度入れたりする、などを試してみて下さい。改善する事もあります。

水カビ病には>>>


    

関連エントリー

熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−種類 >  熱帯魚の病気【水カビ病】

Edit

熱帯魚病院 お問い合わせ

    tropical%20fish05.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ