熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−予防 >  熱帯魚の病気【一般的な治療法】


熱帯魚の病気【一般的な治療法】

熱帯魚が海外から輸出される場合、輸送や水質の変化が長時間に渡る為に絶対おこり、さらに餌ももらえず日本に入荷される場合が殆どだと言われています。ですから、熱帯魚は体力が落ちて、最初の一週間が一番病気に罹り易いと言われています。
ペットショップ側で、熱帯魚の健康チェックを管理する必要があるのですが、発見が難しい病気だと、熱帯魚が感染しているのに気づかず、そのまま水槽に入ってしまうこともあります。すると、水槽全体が病気に感染し、プロでも気づくのが遅れると、死なせてしまうなんて事も報告されています。
熱帯魚が罹り易い病気に、松かさ病、エラ病、白点病、水カビ病があることはコレまでにも書いてきましたが、その症状を復習してみましょう。

【エラ病⇒エラがピンクや赤黒く変色し、エラが捲くれ死んでしまう】【松かさ病⇒熱帯魚の表面がプクッと膨らんみ、ウロコが逆立つ。あたかも、松ボックリのよう見える】【水カビ病⇒魚体の表面に、外傷がある場合、カビが線状に付きます】【白点病⇒熱帯魚の病気の中でも一番罹り易い病気で、熱帯魚に白いゴマのような点状の虫が付く】

僕は全部、経験しました。悲しい話ですが、多くの僕の熱帯魚君達は亡くなってしまいました。飼う側の僕の責任で、飼われる側の熱帯魚達が死んでいく、、、申し訳ない気持ちで一杯です。僕の行動一つで、熱帯魚という生き物の命が掛っているという現実を、しっかりと肝に銘じておかなければ行けません。そんなことから、熱帯魚の病気を調べて、このホームページを立ち上げた次第です。

熱帯魚が病気に罹ってしまったら、治療法で一般的なものに薬を使う方法があり、中でも飼育水に薬品を溶かして、1〜2週間程薬浴させる方法。あと、薬品を直接餌に混ぜてあげる経口投与、短い期間で、強めの薬液で薬浴を繰り返す薬浴があります。最後の薬浴はポピュラーとは言いがたいので使用する前に、熱帯魚ショップで聞いてみて下さい。

熱帯魚 病気 対処グッズ>>>

    

関連エントリー

熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−予防 >  熱帯魚の病気【一般的な治療法】

Edit

熱帯魚病院 お問い合わせ

    tropical%20fish05.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ