熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−予防 >  グッピーの病気


グッピーの病気

グッピーは、熱帯魚ファンでなくても知られているポピュラーな熱帯魚で、一般家庭でも飼われている魚です。繁殖力も強くオスはとってもキレイな色をしています。グッピーも病気に気をつけなければいけませんよ。グッピーの病気には、白点病、尾ぐされ病、口ぐされ病、エラ病など一般的な病気が殆どです。

白点病:魚体に白いブツブツが急に増えて、体力が弱わる。早期に発見すれば薬を水槽に入れるだけで治る病気。
このとき、病気の個体だけ隔離して別の水槽へ移し、白点病用の薬を規定量入れて下さい。薬を入れる時には、水温をやや高くして、塩を少し加えるとより一層効果的です。あと、水温があがっても急に冷えてしまうような環境では治療になりませんからね!

尾ぐされ病:体の外傷にカビ・細菌が付着し、ヒレが溶ける、腐る。口ぐされ病の場合は、口に綿毛のようなモノがついて、エサを食べなくなる。
気をつけたいのは、尾ぐされ病、口ぐされ病の類は、一旦発生すると、その感染力が強力で、全滅してしまう事もありますので、病気を発見したらスグ他の水槽に隔離して下さい。その時、すでに他の魚体にも感染の恐れがあるので、念には念をで、専用の薬で治療して下さい。全滅を食い止めるために是非行って下さい。

エラ病:エラがまくれ上がり、呼吸困難になる。
原因は、買ってきた魚や、生餌などに付いていた寄生虫が、エラに付いて起こるといわれています。治療法は、初期の場合メチレンブルーを入れて、具合を見ましょう。効果が見られない場合は、尾ぐされ病の治療薬をいれてみてください。

熱帯魚 グッピー 専門店>>>


     

関連エントリー

熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−予防 >  グッピーの病気

Edit

熱帯魚病院 お問い合わせ

    tropical%20fish05.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ