熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−基本 >  熱帯魚の病気【目の病気】


熱帯魚の病気【目の病気】

熱帯魚の病気の中に、外から見て明かに眼が異常になる病気に松かさ病ポップアイ症腹水病が代表的です。このタイプの病気には、感染のルートによって、様々な病状になり、松かさ病(立鱗病)は、熱帯魚の鱗が開いてしまいあたかも松ぼっくりのような体型になってしまう。名前の由来も至極当然です。ポップアイ症も、熱帯魚の眼が異常に飛び出したり膨らむ病状です。名前の通りですね。

この種類の眼に以上をきたす病気は、水槽の清掃が定期的に出来なかった時などに発生し易いです。アピストグラマルヴィカクロミスのような、特水の汚れに敏感な種類は、発症し易いといわれています。
初期の症状で発見するには、ヒレの根元が赤く充血する事が多くて、病気じゃなくても、普通透明なウロコを持つエンゼルなどは、健康でも充血しているように見える場合もありますので、一概に決め付ける事は出来ませんが、よく観察して下さい。場合によって、初期症状を全く現さず、一気に進行してしまうタイプの熱帯魚もありますので、判断の難しい病気です。

この病気の原因はエロモナス菌と言う細菌に、感染して発病してしまう病気だと考えられていまして、症状によって様々な病名として現れますが、原因は一つの細菌なのです。全てをひっくるめてエロモナス感染症と言う場合もあります。病気の進行速度が遅いと、調子を少しずつ崩して病状が現れます。初心者には見つけ辛い初期症状です。

こういった病気は、熱帯魚の病気の中でも、高い発生確率の病気で、原因は水質の悪化だといわれています。飼育管理をきっちり行うように心がけましょう!では、感染してしまったらどうやって治療するのか紹介しましょう。このタイプの病気は、発病も進行も遅いので、同じように治療をするにも時間がかかってしまいます。治療薬には、オキソリン酸を主成分とした魚病薬を使うと効果的です。それ以外では、細菌性の治療薬エルバージュやグリーンFゴールド・ハイトロピカルも効果的だそうですよ!また治療の際は、水温にも気をつけて下さい。水温次第で効果が変わってくるそうです。

エロモナスには>>>


       

関連エントリー

熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−基本 >  熱帯魚の病気【目の病気】

Edit

熱帯魚病院 お問い合わせ

    tropical%20fish05.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ