熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−種類 >  熱帯魚の病気【ベタの病気】


熱帯魚の病気【ベタの病気】

ベタと、日本では大ざっぱに呼ばれていますが、ベタには実は50種類以上も存在して、一般的に日本でベタと言っている品種は、ベタ・スプレンデンスの改良品種の事なんですよ。

ベタは、東南アジアのタイ メコン川流域が原産地方の熱帯魚で、大きな河川、田んぼ、よく発生する洪水でできた一時的な水溜りにも生息しています。魚体の色が綺麗で人気の熱帯魚です。日本でも多く輸入されていますね。主食はプランクトンや昆虫などです。

ベタの病気には、一般的な白点病(体、ヒレなどに白いゴマのような点ができる)や水カビ病(ヒレや体に綿状の白いモノが生える)綿かぶり病がなり易いです。他にもこしょう病(その名の通りコショウを振ったみたいになる)、エロモナス病(目が白くなる、目が飛び出す・鱗が立つ、腹部が膨らむ、頭に赤いこぶが出来る。)などにもなる恐れがあります。

いずれもベタが病気になったら、その個体を他の水槽に隔離し、メチレンブルー薬を説明書に沿って使うのが効果的でしょう。
気をつけるのは、残った魚。感染している恐れもありますので、元の水槽を薬を使って治療したり、水槽を清掃したり、ろ過の状態も点検して下さい!

最後になりましたが、ベタを飼う時の注意は、ベタは闘争性が強いので、オス同士を同じ水槽で飼う事は止めましょう!熱帯魚ショップで見かけるベタも1匹ずつコップに入っていたりしますよね。オス同士でなく、ベタ以外の熱帯魚だったら混泳してもOKです。病気などに注意して、飼い方に気をつけて下さいね!

熱帯魚 ベタ 特集>>>


  

関連エントリー

熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−種類 >  熱帯魚の病気【ベタの病気】

Edit

熱帯魚病院 お問い合わせ

    tropical%20fish05.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ