熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−予防 >  熱帯魚の病気と怪我【プレコ】


熱帯魚の病気と怪我【プレコ】

プレコと聞いて、水槽の掃除屋さんとの印象を持つ方も多いでしょう。プレコは、その外見からは想像出来ないですが、熱帯魚の種類の中でも、かなりデリケートな魚と言われております。他の熱帯魚と比べると、病気に罹りやすかったり、怪我をしてしまう事がが多いと言われています。

さらに、一端病気や怪我をすると、完全に治すのには、他の熱帯魚よりも日にちがかかって、かなりの確率で命を落としてしまう、、、なんともいわれています。プレコが怪我をする原因にはどんなものがあるのか紹介します。

プレコの怪我は、大別して切り傷と擦り傷に分かれます。切り傷の場合、プレコ同士の喧嘩、流木などの水槽の装飾に引っかかったりしてヒレが裂けてしまう、と言うパターンが多いようです。切り傷はだと、深さにもよりますが、浅ければ二日程で治ってしまうそうです。

擦り傷の時は、プレコ同士の喧嘩が原因の主だと言われ、その他には、網ですくうだけで傷ついてしまうこともあるそうです。また、擦り傷はその後の経過で何種類かに分けられ、「鱗が剥がれたようになり、体表が赤く見える」、「綿かぶり病的な、細菌性の綿状物質が付いている」などいろいろな症状がある。擦り傷の場合切り傷のように治り辛く、治療が難しいと言われています。いずれにしても長い時間かかってしまうようです。

外傷を予防するには、プレコを水槽から掬い上げる時には、網を出来るだけ使わないで、サッと手掴みする、運ぶ時には、ビニールの角で擦ったりしないようにテープで止める、などの施策を取ってください。また、プレコを飼う時には、弱いプレコの隠れ家として、流木や石などを多めに使って水槽のレイアウトしてあげてください。

一番気を使うのが、プレコが怪我をしていないか、日々の観察が一番の予防です。

熱帯魚 プレコには>>>


   

関連エントリー

熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−予防 >  熱帯魚の病気と怪我【プレコ】

Edit

熱帯魚病院 お問い合わせ

    tropical%20fish05.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ