熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−種類 >  熱帯魚の病気【ポップアイ】


熱帯魚の病気【ポップアイ】

人にも罹り易い風邪みたいな病気があるように、熱帯魚にももちろん病気があります。熱帯魚の病気で代表的なものには、白点病、水カビ病、穴あき病etc 数多く病気があるんですが、中でも不治の病として恐れられるポップアイを紹介します。

ポップアイは、エロモナス菌が目の周辺に付着し、眼球が飛び出してくる病気です。エロモナス菌は、水温25〜30度で繁殖力が上がる細菌で、常に水槽の中にも存在すると言われています。また、エロモナス菌が外傷を負っている魚や、体力の落ちた魚体に繁殖しやすく、エロモナス菌を発生源と考える病気は、ポップアイ以外にも、よく耳にする松かさ病、腹水・赤斑病などもその一つです。

ポップアイ罹ってしまった場合の治療法は、エロモナス菌は常に水槽の中にあると考えていますので、菌自体を無くすことは不可能ですから、まだ初期症状の時に、食塩水による薬浴をすると治る事もある言われています。もし治らない時には、熱帯魚ショップで、その症状に適合した薬を買って下さい。

薬によって処方が違い、溶かして薬浴させる薬や、餌に混ぜて与える薬があり、一般的なのに、一週間に何度か薬浴させて治療する薬があります。

ポップアイの主な原因も、水槽の汚れ、水質の悪化、ろ過の不良などがあげられます。定期的な水槽の掃除や、ろ過の状態を常にチェックするなどして、環境維持に努めてください。また、ポップアイなどの病気に罹患した魚を買ってしまった時など、水温に気をつけて完全に治るまで、他の水槽に別けておく事をお勧めします。

ポップアイ 予防に>>>


   

関連エントリー

熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−種類 >  熱帯魚の病気【ポップアイ】

Edit

熱帯魚病院 お問い合わせ

    tropical%20fish05.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ