熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−予防 >  スポッテッドガー(ガーパイク)の飼い方


スポッテッドガー(ガーパイク)の飼い方

スポッテドガーは、ガーバイクの一種。原産はメキシコやフロリダ州周辺だと言われています。ミシシッピー川流域、エリー湖、ミシガン湖など、比較的ゆるやかな流れの静水域の河川や湖沼に生息している魚です。好きな環境は、水草のよく茂ってる環境だそうです。

スポッテドガーの特徴は、背中に沢山の斑点模様があって、少しだけ腹部にも模様があります。カーバイクのなかでは、日本で一番よく飼われている種類です。

カーバイクは、口呼吸をする魚で、水槽の一番上まで水を入れちゃうと、ガーパイクは溺れてしまうので、気をつけましょう。さらに、凶暴性のある肉食ですから、小さい熱帯魚と同じ水槽で混泳するのは絶対止めてください。大きな熱帯魚だったら、混泳させても大丈夫なようです。
ガーパイクの飼育は、それほど難しくないです。それはガーパイクが丈夫だからです。大型の水槽で飼う事をお勧めします。それは彼は体が堅いからです。

スポッテドガーは丈夫で簡単に飼育ができると言われていますが、当然病気になることもあります。

他の病気と同様、病気の主な原因は、水質悪化、不安定な水温、水質の急変などです。その他に、買った時既に病気になっていたり、持ち帰る際の水によって感染してしまうこともあったりするそうです。

水質悪化は、ほとんどの病気の原因で、白点病など、感染性と死亡率が高い病気には、水質管理をキチッと行うことによって、病気は大幅に減らすことができます。スポッテドガーは、丈夫でも、温度や水質の変化には結構敏感ですから、飼い始めるときは特に気をつけて温度確認を毎日してあげて下さい。

スポッテットガーを、熱帯魚ショップで購入した時は、まずはビニール袋のまま水槽に数十分浮かせて、水温の差を無くす。次は、三分の一の水を捨てて、水槽の水を中へ入れて慣れます。そしてゆっくりと水槽に投入するという段取りを踏んでください。

ガーパイク 専門店>>>


  

関連エントリー

熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−予防 >  スポッテッドガー(ガーパイク)の飼い方

Edit

熱帯魚病院 お問い合わせ

    tropical%20fish05.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ