熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−基本 >  熱帯魚の病気の基本


熱帯魚の病気の基本

熱帯魚も、人間など生き物が病気になるように、当然病気になる。まずこの大前提をご理解下さい。熱帯魚の病気の原因は殆どの場合、正しい飼育方法をしていたら起こらないと言われている。

熱帯魚を飼い始めの初心者でも、用法用量を守った正しい薬を使用したり、治療を出来れば改善できます。熱帯魚の病気の中でも、【白点病】と【尾ぐされ病】は、進行してしまうと死んでしまう事が多く、熱帯魚が死んでしまう理由の90%がこの病気だそうだ。

まず【白点病】は、その名の通り、体の表面に塩のような白い点々がつき、最初は尾ヒレ、その後、体中にあらわれ、死んでしまう。最悪の場合、水槽中に感染して全滅することもある。
初期の【白点病】には治療薬を使う事も有効です。薬の中には水草が枯れるのもあるんで、熱帯魚ショップで聞いてみましょう。後期の【白点病】には、特別な薬があります。これも詳しい人熱帯魚マニアや、熱帯魚ショップに聞いてください。薬はリスキーだと思う人は、租塩などで様子を見ると治る熱帯魚もあります。【白点病】は高温に弱いので28度〜30度に水温を上げるのも効果があります。

次に【尾ぐされ病】は、熱帯魚の体が白い綿をかぶったみたくなり、尾ひれが溶けたりするのが症状です。他には、ヒレの付け根が赤くなる、眼の色が白くなる、などの症状もあります。【尾ぐされ病】の原因は、細菌が熱帯魚に取り付く事ですが、この細菌は通常水槽内に居て元気なら、病気にはならない菌なんです。水質の悪化、エサの過多で、水槽が汚れる事が主な原因と言われています。
【尾ぐされ病】の場合も軽症なら掃除したりろ過で治る事もあります。熱帯魚ショップで効果的な治療薬が無いか効いてみるのも良いです。

まぁ、きっちりメンテナンスをしましょう!と言うことに尽きますね...熱帯魚の病気の基本です。

熱帯魚 病気を知ろう>>>


     

関連エントリー

熱帯魚を病気から守れ!〜熱帯魚の飼い方/水槽/餌を解説〜Top >  熱帯魚の病気−基本 >  熱帯魚の病気の基本

Edit

熱帯魚病院 お問い合わせ

    tropical%20fish05.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ